1065100
くれよん掲示板
[トップに戻る] [通常表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: くれよんまつり2018のご案内 (0) / 2: 健康第一 (1) / 3: ジネンカフェVOL.126のご案内 (2) / 4: 名古屋名物 (3) / 5: アスナル金山 (0) / 6: 無題 (1) / 7: また (1) / 8: ■台風12号・・・大丈夫? (1) / 9: そうめんパーティー2018のご案内 (2) / 10: ジネンカフェVOL.125のご案内 (0) / 11: 鶴舞公園 (1) / 12: くれよんクッキングのお知らせ (5) / 13: 御園座 (1) / 14: 高山ツアー・・・ (1) / 15: ジネンカフェvOL.124のご案内 (0) / 16: PCの修理 (0) / 17: ジネンカフェVOL.123のご案内 (5) / 18: お茶会のお知らせ (4) / 19: 美術館・博物館 (5) / 20: 天竜下り・・・ (0) /


[ 指定コメント (No.15119) の関連スレッドを表示しています。 ]

ジネンカフェVOL.121のご案内 投稿者:dacyou 投稿日:2018/01/14(Sun) 11:52:46 No.15119  引用 
ジネンカフェVOL.121開催概要

障がいのあるひととないひとの間には何がある? 〜あなたの知らない福祉教育の世界〜

 私たちは平成19年から障がいの有無に関わりなく、誰もがありのままに生きられる真のノーマライゼーション社会の実現をめざして活動を続けてまいりました。ひとが社会の中で自分らしく生きていくには、対人関係における相互理解は不可欠です。障がいのある人とない人との間の関係性も同じことが言えましょう。社会教育の基本が家庭と学校にあることは、言うまでもありません。しかし、昨今の障がいのある人とない人との間における様々な問題を報道などで見聞きする度に、私たちの社会では障がいのある人たちのことをどのように教えているのか、疑問に思えて来ます。そこで今回のジネンカフェVOL.121では、社会福祉協議会の福祉教育担当者の方や学校教育の現場でご指導されている教師の方、福祉教育ボランティアの方をゲストにお招きして、福祉教育の現状を学ぶと共に、それぞれの想いに触れ、いま一度障がいのある人とない人の相互理解の必要性を確認したいと思います。そしてワークショップにおいて参加者の皆様と対話をし、それぞれの想いを共有したいと思っています。

日時:平成30年2月18日(日)13:00〜16:30
会場:名古屋市総合社会福祉会館7階大会議室
ゲスト:村田敏明氏(名古屋市社会福祉協議会 福祉教育担当)
    安藤英吾氏(名古屋市 発達障害通級指導担当)
    杉江徳長氏(ひとまちクラブはんだ 代表)
ワールドカフェファシリテーター:白川陽一氏・西山和寛氏
内容: 13:00 開始
    13:05 パネルトーク
    14:20 質疑応答
14:30 休憩
    14:40〜16::00 ワールドカフェ
    16:30 撤収
定員:70名
参加費:1,000円(1ドリンク付き)
主催:NPO法人まちの縁側育くみ隊
共催:NPO法人くれよんBOX
後援:愛知県、愛知県教育委員会、名古屋市、名古屋市教育委員会、愛知県社会福祉協議会、名古屋市社会福祉協議会、中日新聞社、中日新聞社会事業団

パネルトークゲストプロフィール
・村田敏明氏(名古屋市社会福祉協議会)
2014(平成26)年に名古屋市社会福祉協議会に入職し、ボランティアセンターに配属され、現在まで福祉教育等を担当。福祉教育では、区社協福祉教育担当者会や福祉学習サポーター養成研修等の企画、運営に携わっている。

・安藤英吾氏
名古屋市生まれ名古屋市育ち。大学卒業後、愛知県立特別支援学校(知的・肢体不自由)、私立高校の教員、名古屋市立中学校特別支援学級を経て、現在「名古屋市立小学校 通級指導担当者」として子どもたちの教育にあたっている。発達障害児の認知特性について関心があり、名古屋市内の教員チーム「やけどの会」を立ち上げ、各学校現場の問題解決に取り組んでいる。また、本年度より名古屋市立大学大学院「人間文化研究科こころの発達に関する研究」にて「通級指導の効果」についての研究を進めている。
文部科学省「発達障害に関わる教職員育成プログラム開発事業」研修テキスト執筆
心理検査士

・杉江徳長氏(ひとまちクラブはんだ 代表)
1963年、愛知県半田市に生まれる。99年から総合的な学習の時間への協力を始める。
2000年、福祉実践教室等に関わり始め、2003年にボランティアグループ「人まちクラブはんだ」設立。13年、半田市地域福祉計画推進委員会委員。17年、半田市障がい者自立支援協議会委員及び、権利擁護部会副部会長。

ワールドカフェファシリテーター
・白川陽一氏(Keramago Works:ケラマーゴ・ワークス)
名古屋市青少年交流プラザをはじめ、若者の成長に関わる多くの場で、対話と学びのファシリテーターを務める。個々の自立や社会参画を育むための、家でも職場でもない第三の居場所(サードプレイス)づくりがテーマ。各種ワークショップの企画やコーディネーターとしても活動する。
・西山 和寛(名城大学 ナゴヤドーム前キャンパス 都市情報学部1年)
人と人が繋がり、協同することで地域課題を解決することに関心をもち、他者との「対話」をデザインし促進するファシリテーションについて勉強中。名古屋市青少年交流プラザのユースボランティアとしても活躍。今回の拡大版では、話やすくて楽しい空間を創れればと思います。

お問い合わせ/お申し込み先
TEL:052-733-5956(くれよんBOX)
FAX:052-733-5957(くれよんBOX)
E-mail:jinencafe@yahoo.co.jp(まちの縁側育くみ隊・大久保)

参加申し込み締め切り:平成30年2月12日

無題 投稿者:さつき 投稿日:2018/02/07(Wed) 10:39:16 No.15124  引用 
参加募集!興味がある方はぜひ申し込みを!

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -