1084210
くれよん掲示板
[トップに戻る] [通常表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: スーパーコピーブランド (0) / 2: 久しぶり・・・ (1) / 3: ソーネ大曽根 (1) / 4: ジネンカフェVOL.128のご案内 (0) / 5: 酒を飲みつつ舞を舞う (2) / 6: くれよんまつり2018のご案内 (1) / 7: ジネンカフェVOL.127のご案内 (0) / 8: 名古屋シネマテーク (1) / 9: お茶会のお知らせです。 (1) / 10: 健康第一 (1) / 11: ジネンカフェVOL.126のご案内 (2) / 12: 名古屋名物 (3) / 13: アスナル金山 (0) / 14: 無題 (1) / 15: また (1) / 16: ■台風12号・・・大丈夫? (1) / 17: そうめんパーティー2018のご案内 (2) / 18: ジネンカフェVOL.125のご案内 (0) / 19: 鶴舞公園 (1) / 20: くれよんクッキングのお知らせ (5) /


[ 指定コメント (No.15157) の関連スレッドを表示しています。 ]

ジネンカフェVOL.125のご案内 投稿者:dacyou 投稿日:2018/07/03(Tue) 20:47:48 No.15157  引用 
ジネンカフェVOL.125
日時:8月4日(土)14:00〜16:00
場所:くれよんBOX
ゲスト:高野 仁美さん(【パンで幸せのお手伝い】株式会社永楽堂)
タイトル:「地域コミュニティの中心としての喫茶店の可能性」
参加費:500円

ゲストプロフィール:
喫茶店のモーニングを食べて育った生粋の名古屋っ子。この喫茶店文化を守りたいと、喫茶店に向けた業務用パンの専門メーカーである永楽堂へ就職。現在は、喫茶店向けのパンやメニューの企画・開発をメインに担当。

コメント
家の離れに近所のお年寄りが集まり、ギターを片手にみんなで歌ったり、将棋をしたり、おしゃべりしたり。時には小さい子どもを連れたお母さんが休憩に来たり、小学生がおばあちゃんたちに宿題を教えてもらいに来たり。そんな場所で、おいしいコーヒーを淹れていつでもみんなを出迎える…そんなおばあちゃんになることが私の将来の夢です。
 さて、昔ながらのまちの喫茶店には、そんな地域コミュニティの中心として活躍する可能性があるのではないでしょうか。会社のコミュニティの中心としてオープンした永楽堂社内カフェの例もご紹介しながらお話ししていきます。

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -