制度情報

くれよん−制度情報

身体障害者手帳

身体障害者手帳は、各種の福祉制度を利用するために必要なものです。

身体障害者手帳は、視覚、聴覚、平衡機能、音声・言語・そしゃく機能、肢体不自由、心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう又は直腸・小腸・肝臓・免疫機能に障害のある方に交付されます。 手帳の等級は、障害の程度により1級から6級までの区分があります。詳しくは、身体障害者障害程度等級表を参照してください。

障害の種類、程度などにより、手当など様々な制度、事業があります。 障害者福祉のしおり(毎年度発行 区役所でもらえます) をよく読み必要に応じて申請の手続きをとりましょう。※年金や手当てなどの申請には各々所定の医師診断書、所得証明等が必要な場合が多いです。 事前にそれぞれの窓口へ問い合わせてください。年金、手当などの一級二級、一種二種は必ずしも身障者手帳の等級、種とは一致しません

申請の手続きを行わなければ、交付・再交付はされません。
障害の程度変更等、再交付の申請はいつでも行えます。

CP(「Cerebral Paralysis」脳性まひ)等の障害で幼い頃交付された手帳をそのままお使いの方がいらっしゃいますが、障害の程度は現在の状況に即しているでしょうか。重くなったと感じたら、手続きをとってみてください。

申請を取らないと必要がないものとみなされ、放っておかれます。

申請手続きの流れ(名古屋市の場合)


区役所福祉課   申請したい旨を伝えます。
  必要に応じて、手続きの流れ等を説明していただける筈です。
  所定の「指定医師診断書」用紙をもらう。
下向矢印
各医療機関   区役所で交付された「指定医師診断書」を作成します。
  簡単な聞き取り、問診、必要に応じて検査、測定などして診断書作成
下向矢印
区役所福祉課   申請の手続きを行います。
 
用意するもの 証明写真(タテ4cm×ヨコ3cm)
印鑑
「指定医師診断書」用紙
身体障害者手帳(障害の程度変更の場合)
  手帳交付(再交付)申請書を記入、提出します。
下向矢印 区役所では、書類を更生相談所に進達し、手帳に該当するか審査します
約一ヶ月半程度かかります
区役所福祉課   審査が済むと区役所福祉課から文書で連絡が入ります。
 
持参するもの 送付された書類
印鑑
身体障害者手帳(障害の程度変更の場合)
下向矢印
身体障害者手帳交付(再交付)